研究医の求人特集<※企業の研究職を希望する医師の方へ>

研究医求人サイト人気ランキングをご紹介!

「研究医の求人特集」にお越しいただきありがとうございます。当サイトでは、研究医の求人をお探しの医師の方にむけて、医師の転職に特化したエージェントのランキング上位5社をご紹介しています。研究医のような門戸の狭い求人探しは転職エージェントを利用するのが賢明です。

臨床医として長いキャリアを積まれて次のステージは基礎研究を、とお考えの方や、臨床の場でなんらかの壁にあたり研究医でなければ解決できないと感じた方など、背景は様々かと思いますが、臨床と比較して求人数が少ないことは事実です。転職エージェントはあらゆる施設や企業の募集情報を非公開として保有していますので、ぜひ数社登録して情報収集されることをお勧めいたします。

研究医の求人特集!人気NO.1はココだ!

  サービス名 利用料 対応エリア 評価 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【 リクルートドクターズキャリアのココがすごい! 】
■医師の転職という分野でも高い評価を得ているエージェント。リクルートは知名度が違います。
■最大手であるからこその求人数。稀少な研究医の求人も沢山の勤務先から選ぶことが可能。
■無料でサービスを受けられる上、稀少な中でも好条件の研究医求人を紹介してくれる。
■転職エージェントの中でも非公開求人の評判が良く、高給与、高待遇の案件が揃っている。
■転職実績は業界ナンバーワン。医療業界の転職支援も30年の歴史があるから安心感が違う。
■無料登録するだけで、一般に出回らない研究医の求人を検索することが可能。
■勤務時間や休日が充実している研究医の中でも、特に選りすぐりの付加条件が整った求人が豊富。
■個人的な希望や事情を考慮した転職支援が好評で、多くのドクターから支持を得ているエージェント。


エムスリーキャリア 無料 全国 ★★★★★ 詳細
【 エムスリーキャリアのココがすごい! 】
■エムスリー独自の情報収集網があるからこそ、情報の少ない研究医の情報も詳しく把握出来る。
■なかなか見えない研究医の現場の声をヒアリングしているからこそ、実際の転職に有利。
■首都圏の研究医求人に強いから、よりよい給与条件や、勤務時間、交通の利便性の良い案件が多い。
都会の大きな研究所や大学といったもので働きたい研究医の方なら、断然エムスリーがオススメ!
■地方エリアや離島といった特殊なエリアの求人にも強く、広い求人エリアがウリのエージェント。
■匿名での転職活動や交渉が出来るから、周囲にバレることなく研究医の転職活動が可能。
■キャリアコンサルタントが面接の設定や履歴書などの書類作成を徹底サポートしてくれる。
■在職中で忙しいドクターでもすべて代行してくれるから、転職活動が楽。


MCドクターズネット 無料 全国 ★★★★ 詳細
【 MCドクターズネットのココがすごい! 】
■数多くある転職エージェントの中でも、コンサルタントの質が高いエージェントとして有名。
■転職先目線の転職サービスではなく、ドクター目線での転職活動支援を行なってくれるエージェント。
コンサルタントが直接転職先に足を運び、生の声を聞いているから、情報の真実度が高い。
■医療業界の情報に詳しく、最新の情報を有しているキャリアコンサルタントが手厚いサポートを実現。
医師が社長を務めているため、コンサルタントも医療業界事情を理解している。
■稀少な研究医の転職でもエリアを問わず、全国各地の求人を保有しているから有利。
■研究医という希少な案件でも妥協をする必要なし!交渉してくれるから条件面アップでの転職成功も。
■より良質な勤務条件、高給与待遇などワガママ条件も全力でサポートしてくれる。


希少な研究医の求人を探すには?

研究医の募集は非常に少ないと言われています。ドクターという職種の転職先は、一般的な医療機関を始め、クリニック、公的機関、血液センターなどが挙げられます。しかしながら、それ以前に、ドクターには種類というものがあるのです。上記のような職場で働き、患者さんと直接コンタクトを取るようなドクターは臨床医になります。他にも企業で働く産業医や病理医といったもの。研究医はそのどれとも違い、まだ治療方法が見つかっていない病気や感染症についての研究を行うドクターです。

ドクターといえば、臨床医というイメージも多く、ドクターを目指す方であれば、大抵の方は臨床医を目指すことが多いですから、研究医の成り手というものは、あまり多くないというのが現状です。実際に研究医になろうとするドクターが少ないことから、研究医の分野でも医師不足の状況は見られているのです。医療業界は一部の場合を除いて全体的な医師不足の状況になっているのです。

また、研究医と臨床医の違いは、そのなり方にも違いというものがあります。一般的な臨床医の場合、大学の医学部を卒業し、医師国家資格試験に合格をすることが前提になります。しかし研究医の場合には、こういったステップを踏む必要がありません。もちろん医学的な知識が必要なのは言うまでもありませんが、何も医学部卒でなくても研究医になることが可能という特徴を持っている珍しいドクターの形とも言えるのです。

医師不足の傾向にある研究医ですが、そこまで求人が見られないのはどうしてなのでしょうか。それは研究医の募集枠というものが極端に少ないからなのです。その上で、離職率が非常に少なく、定年まで勤めあげるというケースがほとんどですから、募集がそこまで多く見られないというのが現状なのです。臨床医と比較すると、その募集枠は非常に少ないといえるのです。これは大学病院でも、産業医になるといったケースでも一緒なのです。

大学病院と比較すると、製薬会社などの産業医の場合には、募集枠は広いものの、やはり臨床医と比較した場合には、かなり少ない状況です。それにプラスして、研究の成果が出ない場合には解雇となる場合が多いのですから、決して安定を得られる職場ではないのです。こういった特殊な環境を把握するためにも、少ない求人を手に入れるためにも、医師に特化した転職エージェントを利用して転職活動をすることが、研究医になるためのベストな選択と言えるでしょう。



▲このページの上部へ

Copyright (C) 2014-2017 研究医の求人特集<※企業の研究職を希望する医師の方へ> All Rights Reserved.